スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本でよかったねこ

動物にとっての急所、それは襲われたら命にかかわるところ。
大体が、のどだったりお腹だったりだろうか。

猫さんの大多数がお腹や後ろ脚を触られると激怒するのは
きっとそんな理由なのでしょう。
で、うちのきなこ。
子猫の時はそれなりに不快感を表したりしてたけど
8歳を目前に危機感ゼロとなってもーた。

・・・・・?
大油断

きなこがソファで寝る姿に誘われて添い寝した夫。
冷たい手を温めるべくきなこの腹に手を伸ばすが無抵抗。
いやむしろ、抵抗どころか気持ちよさげにのどを鳴らす始末。
きなこにとって急所は皆無なのだ。

こういうとき、きなこが
日本の家猫として生まれてよかったなーとつくづく思う。
アフリカやアジアの自然まっただ中の生まれだったらどうよ?
目が覚めたら内臓が食われて無くなってるはずだよなあ。。。
(てか、食われて死んでるか)


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きなこママさん

Author:きなこママさん
<主人公ねこ>

名前:きなこ
誕生日:H15年3月13日
種類:メインクーン ♀ 
   8キロ弱
猫ライフ満喫中の乙女猫。
一時ダイエットに成功するもリバウンド。
遊ぶより寝るのがスキな怠慢猫・・・

<ニンゲン母>

名前:きなこママさん
誕生日:4月○日
きなことまったり暮らしつつ、
フェルト作家&講師
やってます。
URL
http://www7b.biglobe.ne.jp
 /mameno-kona/

最近の記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。